広報ししまる突撃インタビューVOL.2

 

 

こんにちは。株式会社COCOROZASHI広報のししまるです。

 

今日は社員の寺岡彰彦殿に直撃インタビューじゃ!寺岡殿、よろしく頼むでござるよ!

 

 

 

はい、

よろしくお願いします!

 

 

 

爽やかな男じゃのう。

では早速質問に参る。ココロザシメンバーになったのはいつ頃からじゃ?

 

 

 

 

2016年の12月からですね。まだ2ヶ月しか経っていないです。

 

 

 

期待のルーキーじゃな!

ココロザシに入社したきっかけはなんでござるか?

 

 

 


創さん(久野創社長)の存在が大きいですね。

創さんには昔からお世話になっていて、1年くらい前に創さんから数年ぶりにご飯に誘われたのがきっかけです。

当時私は大阪にいて、創さんは東京で仕事をしていました。創さんが大阪に戻って来たときに上京話を聞いて感銘を受けたんです。それ以降、創さんが大阪に戻る度にご飯に誘っていただくようになりました。

そして会社を設立したと聞き、私も創さんのもとで働くことにしたんです。妻がいるので東京に移住して働くことは一筋縄ではいきませんでしたが、それを押し切るくらい自分の中では意志が固まっていました。

 

 

なるほど、男の決断だったのじゃなぁ。

創殿とは昔からの付き合いだったんじゃね?

 

 

 

 

はい、元々10年前に創さんが作った人材派遣の会社に勤めていました。

当時は19歳。実家がある石川県から何もわからない状態で大阪に出てきた私は、創さんと一緒に働く中で価値観が大きく変わりました。

創さんから社会人・ビジネスマンとしての心構えなど、いろんなことを鍛えられたんです。

何も考えずに生きていた私が大学を辞めて仕事に没頭するほど、価値観が変わりました。人生の転機ですね。

 

 

 

なるほど、創殿の存在が大きいのじゃね。

寺岡殿は今どんな仕事を担当しているのじゃ?

 

 

 

 

私は営業をしています。

ココロザシに入ってから、営業マンとしての価値観も変わりました。

 

 

 

ほう。

どんな風に変わったんじゃ?

 

 

 

 

今まで他の会社でも営業をしてきましたが、

「仕事は与えられるものではなく、自ら作りだすもの」

という創さんの言葉で考え方が変わりました。

今までは、元からある仕事をそのまま教えてもらい、既存のお客様に営業をしていました。リストも仕事も最初からあるのが当然という環境だったんです。

でもここに来てからは、創さんの教えで、自ら率先して仕事を生み出していくという意識を持つようになりました。

 

 

 

入社してたった2ヶ月しか経っていないのに、大きな変化じゃのう。

 

 

 

 

はい、入社してからすぐに現場に行かないといけないような環境だったので。

普通だったら研修やOJTを2ヶ月くらい受けてから一人で現場に出るじゃないですか。

でもベンチャーだからそんなことしてる暇はない。ぶっつけ本番で数字を作るのが当たり前。

そんな状況の中、自分の中の基準値はものすごく上がりました。

与えられた目標をクリアするのは当たり前で、期待されている以上の結果を出さないと評価はされないと思うんです。

いつも創さんには「まだまだやれる」と言われるのですが、自分でもそう思います。

自分の限界の基準が高くなって、毎日毎日キャパオーバーだったことが、2ヶ月経った今は普通だと感じられるようになりました。

 

 

男の中の男じゃのう!

仕事をする上で大事にしていることはなんじゃ?

 

 

 

 

気持ちを常にフラットにすることを意識しています。

成約を取れたからと言って浮かれない、売り上げが上がらなくても落ち込まない。営業マンとして大事なことだと思います。

結果が出て浮かれていたら次の結果に繋がらないし、結果が出ずにヘコんでいたらお客様にも伝わります。モチベーションを一定に保つようにしていますね。

 

 

 

なるほど、優秀な営業マンじゃの!今後の目標はあるでござるか?

 

 

 

 

 

はい。

「この会社をでっかくしたのは俺だ!」と胸張って言えるようになりたいです。

 

 

 

おお!かっこいいのう!

これぞまさに男気じゃなあ!

 

 

 

 

自分のことはまだまだ甘ちゃんだと思っています。でもそれって、裏を返せばまだ伸び代があるってことだと思うんですよ。

創さんから教わることはまだたくさんあるし、成長はまだまだできるなと。

 

 

 

 

驕らず、謙虚な姿勢が素晴らしいのう。

では最後に、読者にメッセージをお願いしたいでござる。

 

 

 

 

 

仕事の醍醐味は、自身が限界を超えたその向こうにあると思っています。

心が折れそうなことっていっぱいあります。でもそこで諦めると意味がないし、這いつくばってでも向かって行くところに楽しさがあると思うんですよ。

まずはその境地を味わって欲しいなと思います。

 

 

 

 

素晴らしい!

寺岡殿、今日は感謝でござる!

 

 

 

 

 

こちらこそありがとうございます。

 

 

 

 

拙者も見習わんとなぁ。

日本にたくましい男が増えることを祈るでござるよ!

ではまた!

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

株式会社COCOROZASHI

Copyright (c) 2016 COCOROZASHI, Inc. All rights reserved.

TOPに戻る